文字サイズ

佐々木 プロでも侍!トップチームで借り返す 帰国後プロ志望届提出へ

 U18W杯で5位に終わった日本が8日、韓国内の宿舎で取材に応じた。右手中指の血マメによる影響で今大会1試合のみの登板となった佐々木朗希投手(3年)は、将来的な侍ジャパントップチームでのプレーに意欲を示し、世界一へ再挑戦することを誓った。大会は3位決定戦と決勝が行われ、開催国の韓国が3位、台湾が米国の5連覇を阻み、5大会ぶり3度目の優勝を飾った。

 果たせなかった夢は近い将来、必ずかなえる。佐々木は初体験となった国際大会から一夜明け、「世界の壁が本当に厚くて強いと思いましたし、その中でしっかりと戦えたのはよかった」と改めて振り返った。

 右手中指にできた血マメによる影響で、6日の2次リーグ・韓国戦での1イニング、わずか19球のみに終わった。悔しさは同じ舞台では晴らせない。国内プロ希望で帰国後にもプロ志望届を提出する見込みだ。最速163キロをたたき出した実力を引っ提げてNPBでも成長を続ければ、世界への道は再び開けてくる。

 ケガでほぼ貢献できなかったからこそ、日の丸をもう一度背負いたい気持ちが高まった。「そういう機会があったら、今度は自分が活躍して世界一になれるように」。侍ジャパントップチームは20年に東京五輪、21年には第5回WBCを控える。現実的に佐々木のメンバー入りは厳しいが、着実に成長を続ければ近い将来にチャンスは広がっていく。

 初めて手にした国際球についても「特に違和感とかはありませんでした」と自信を得た。「レベルの高い相手と戦って自分の力のなさも感じましたし、本当にいろいろな経験ができた。それを生かすべきときにしっかりと生かしていきたい」。かけがえのない17歳の夏の体験を糧とし、世界の強豪に雪辱する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス