文字サイズ

奈良学園大・菅田が志望届提出

 「近畿学生野球秋季リーグ・第2節第1日、和歌山大3ー1奈良学園大」(6日、シティ信金スタジアム)

 プロ注目の奈良学園大・菅田大介投手(4年・京都共栄学園)が、近日中にプロ志望届を提出する意向を示した。この日、酒井真二監督(42)から用紙を手渡され「試合のない日に出すつもりでいます」と明かした。

 「二刀流」ということで春から注目を集めた中、今秋はより打者に重点を置いて練習に取り組んでいる。この日は「3番・中堅」でスタメン出場。3打数無安打に終わり、マウンドに上がることはなかったが「両方でアピールして、評価していただければ」と気持ちを込めた。

 この日は中日のスカウトがスタンドに足を運んでいた中、1日に行われた第1節第1戦では阪神らプロ4球団が視察に訪れていた。今後、さらなるアピールが求められるものの、気に掛けるのはチームのこと。この日の敗戦で開幕してからリーグ戦3戦3敗。「(打撃は)タイミングが取れていない。自分が打って、チームに流れを持って来られるようにしたい」と意気込んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス