文字サイズ

創志学園・西 自己最速154キロも終戦 5戦連続先発、熱投報われず

 「高校野球岡山大会・準決勝、倉敷商2-0創志学園」(27日、倉敷マスカットスタジアム)

 石川では星稜がBIG4の1人、奥川恭伸投手(3年)が同点本塁打、勝ち越し本塁打で貢献、鵬学園を延長の末、下し決勝に進んだ。同じくBIG4の1人、創志学園(岡山)の西純矢投手(3年)は倉敷商に0-2で敗れ、準決勝で姿を消した。

 打球が遊撃に転がったのを見て必死に走った。先頭から安打で出塁した中での九回2死一塁。二塁への懸命なスライディングだったが、最後のプレーとなる。二塁封殺でゲームセット。創志学園・西はそのままグラウンドにあおむけに倒れ込んだ。「終わったなと思いました」。それでも試合後の会見で涙はなかった。

 「泣いて終わるより、3年間楽しかったので笑って終わろうと。高校野球やり切ったと思って悔いはないです」

 意地は見せた。1回戦から5戦連続の先発で、2点を奪われたが最後まで投げ切った。自己最速を1キロ更新する154キロも記録。四回2死満塁のピンチを切り抜けると力強く拳を握ったが、昨夏の甲子園で注意を受けた派手なガッツポーズとは違い、自然と感情があふれ出たものだった。

 「(昨年より)精神的に強くなったなと。ヤジとかもいろいろありましたが、プラスに考えて、自分みたいなピッチャーを気にしてくれているんだなと」

 この日は7球団のスカウトが視察。阪神・山本スカウトは「今日の真っすぐは一番いい」と高評価。西自身は「(進路は)まだ考えていないです」と話したが、プロ志望届を提出する方向でいるもよう。無限大の可能性と共に、次のステージへと向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス