文字サイズ

巨人・和田恋と楽天・古川のトレード発表 和田「1軍で活躍することで恩返し」

 巨人と楽天は7日、1対1の交換トレードが成立したことを発表した。巨人からは和田恋外野手(23)が、楽天からは古川侑利投手(23)がそれぞれ移籍する。和田は「5年半、巨人にいて、戦力になれなかった悔しさはあります。今回、新しいチームで野球ができるので、心機一転、1軍で活躍することで巨人にも恩返しできたらと思います」と球団を通じてコメントした。

 和田は2013年のドラフト2位で入団し、今季が6年目。右の和製大砲候補として期待され続けてきた。昨季に1軍初出場を果たし、プロ初安打をマーク。2軍では18本塁打、87打点でイースタン2冠に輝いた。

 古川は2013年のドラフト4位で入団し、今季が6年目。最速153キロを誇る右腕で、昨季にプロ初登板を果たすなど4勝をマーク。今季は先発として期待され、8試合に登板し1勝2敗、防御率6・34。6月5日には巨人戦に登板し、5回0/3を1失点と好投を見せていた。

 投手陣の底上げを期す巨人は、6月に新外国人・デラロサを、さらに日本ハムとの間のトレードで鍵谷と藤岡を獲得。今回のトレード成立により、開幕後4人目の投手の補強となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス