文字サイズ

DeNA 大和が“中1日”でまたサヨナラ打 本拠地大歓声

9回、サヨナラ打を放ち、拳を突き上げるDeNA・大和=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)
2枚

 「交流戦、DeNA3-2楽天」(21日、横浜スタジアム)

 DeNAがサヨナラ勝ち。九回、2死二塁で大和がサヨナラ打を放った。19日の日本ハム戦でもサヨナラ打を放った男が、“中1日”で再びサヨナラ劇の主役となった。

 右腕を突き上げた。九回、2死二塁。大和が放った打球は前進守備の右翼手の頭上を越える一打。本拠地が歓喜に包まれた。

 接戦を制した。一回に神里の右越え6号ソロで先制。五回にはロペスの右越え13号ソロで加点した。先発の今永は7回を2失点と力投。8勝目はお預けとなったが、八回をパットン、九回をエスコバーとつなぎ、勝利を呼び込んだ。

 楽天は2点を追う六回に島内の左越え5号ソロ、ウィーラーの左越えの二塁打で同点。だが、その後はDeNA投手陣に抑えられ、リードを奪えなかった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス