文字サイズ

ヤクルトがスカウト会議、大船渡・佐々木ら上位候補Aランク12人

 ヤクルトは14日、都内の球団事務所でスカウト会議を開催した。今秋のドラフト候補として263人をリストアップ。大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、明大・森下暢仁投手ら12人を1、2位候補のAランクとした。

 会議には衣笠社長も出席し、7人の映像を確認。橿渕スカウトグループデスクは「今年は投手が(ドラフト候補全般に)多いという話はしました」としたうえで、目玉候補の佐々木に関しては「揺るぎない選手。(1位指名で)いくかいかないかは決まっていないけど、いくとなったら間違いなく競合になる」と評価を口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス