文字サイズ

ヤクルト攻めきれず連敗、今季ワースト借金13 小川監督「点が取れなかった」

 「交流戦、楽天7-4ヤクルト」(12日、楽天生命パーク)

 ヤクルトが連敗。借金は今季ワーストの13となった。

 今季初先発の館山が、初回に浅村の右犠飛で先制されると、三回にはウィーラーの適時打で追加点を献上。六回は2番手の清水が、茂木、島内に連続適時打を浴びるなどし、突き放された。

 打線は3点を追う四回に村上が右越え2ラン。5点を追う八回は代打・荒木が2点適時打を放ったが、反撃もそこまでだった。

 今季初先発だった楽天・熊原に対し、初回2死満塁と攻めたが得点を奪えず。四回も1点差に追い上げてなお1死二、三塁、2死満塁と続いた好機で2番手の久保に封じられ、同点に追いつけなかった。

 「やっぱり初回に何とか、という思いがあったが、点が取れなかった。四回のホームランの後も。投打のかみ合わせが良くない中、ああいうところで点が取れるようにならないと」と小川淳司監督。重くのしかかる課題に表情を曇らせた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス