文字サイズ

ロッテ・清田が九回に同点打 延長戦に持ち込む

9回、同点打を放つロッテ・清田育宏=ZOZOマリンスタジアム(撮影・中田匡峻)
2枚

 「交流戦、ロッテ-阪神」(6日、ZOZOマリンスタジアム)

 清田が土壇場の九回2死から起死回生の同点打を放った。

 1点を追ったこの回、ドリスの前に吉田、荻野が凡退。しかし、続く鈴木が粘って四球で出塁。ドリスの暴投で二進した。

 ここで清田がフルカウントから右翼へはじき返す同点打だ。「打ったのはストレートです。3-2だったのでボール球を振らないようにと思っていました」と殊勲打を振り返っていた。

 だが、延長の十回。益田が糸井に勝ち越し打を許した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス