文字サイズ

ヤクルト・小川監督「つながりがなかった」今季初の3連敗

5回ヤクルト1死一、二塁、空振り三振に倒れたバレンティン(右)=神宮球場(撮影・園田高夫)
2枚

 「ヤクルト2-7」(24日、神宮球場)

 ヤクルトが今季初の3連敗を喫した。

 先発のブキャナンが二回に坂本勇に3ラン、ビヤヌエバにソロを被弾するなど一挙5失点。打線は五回まで毎回得点圏に走者を送りながら決定打を欠き、巨人先発の高橋を攻略できず。7点を追う九回に、西浦のソロなどで完封負けを逃れるのがやっとだった。

 「走者を出したけど、打つ方につながりがなかった」と小川淳司監督。村上を今季初めてスタメンから外し、高橋対策で起用した荒木、大引はヒットを放ったが、勝利には結びつかなかった。

 先発陣は4試合連続、ここ8試合中7試合で先制点を献上。指揮官が「坂本のホームランが一番大きかった。カウントを不利(2ボール)にして、高めを打たれた。もう少し踏ん張ってほしかった」とブキャナンに苦言を呈すれば、田畑投手コーチも「坂本へのあの1球だね。ビッグイニングを作られるとキツい。先発は責任を持ってやってほしい」と求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス