文字サイズ

巨人・原監督 4月では異例の大量入れ替え断行 畠ら5選手を抹消 重信ら合流

鹿児島市の鴨池球場入りした原監督
1枚拡大

 巨人は15日、畠世周投手(24)、坂本工宜投手(24)、大江竜聖投手(20)、吉川大幾内野手(26)、立岡宗一郎外野手(28)の出場選手登録を抹消した。

 この日、チームは16日からの広島戦に向けて遠征先の鹿児島へ移動。田原誠次投手(29)、高木京介投手(29)、山本泰寛内野手(25)、重信慎之介外野手(25)が合流した。試合当日の16日に登録されるとみられる。

 チームは13、14日のヤクルト戦で2戦連続2桁失点で連敗。先発の畠は3回6失点でKOされ、中継ぎの大江、坂本工も結果を残せなかった。また、14日には1番・二塁で奮闘してきた吉川尚が腰痛で抹消。昇格した山本と重信が、スタメン起用される可能性もありそうだ。

 「実力至上主義」を前面に打ち出している原監督。4月に大量入れ替えとなった背景にはオープン戦で結果を残した若手を積極的に抜てきしてきたことも一因だが、前日は連日の投壊に「普通じゃないわけだからね。これは異常なんだからね」と話していた。

 過去、ペナントレースが決着した10月などに大量入れ替えが行われるケースは数多くあった。原政権では2013年7月26日に計10選手の入れ替えを行った例などもあるが、4月では異例といえる措置となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス