文字サイズ

中学で150キロの怪物 高知・森木が練習試合に初登板で3回無失点デビュー

 「練習試合、高知6-3八幡浜」(13日、高知高旭グラウンド)

 中学3年時に150キロをマークした高知の怪物1年生右腕・森木大智投手が、入学後初めて練習試合に登板。ダブルヘッダーの第1試合の七回表からマウンドに上がり、3回を1安打無失点に抑えた。直球の最速は144キロで、カーブなど変化球を交え、2つの三振を奪った。

 九回1死から右前に初安打を許し、四球を与えて1死一、二塁のピンチを迎えたが、後続を併殺に打ち取り、無失点で“デビュー戦”を飾った。

 打者としても注目を集める森木は八回に先頭で打席に立ち、鋭い当たりの中前打を放った。

 森木は身長184センチ、体重82キロで、高知中3年時の昨夏に四国大会で150キロをマーク。この春に高知高に入学した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス