文字サイズ

石岡一・岩本「あと一歩でした…」170球の力投実らずサヨナラ負け

自身の悪送球でサヨナラ負けし、うつむく石岡一・岩本(右)=甲子園(撮影・中田匡峻)
1枚拡大

 「選抜高校野球・1回戦、盛岡大付属3-2石岡一」(25日、甲子園球場)

 あまりにも残酷な幕切れとなった。同点の延長十一回1死満塁、フルカウント。石岡一の正統派右腕、岩本大地投手(3年)の170球目だった。どん詰まりの投ゴロに打ち取り、あわよくば併殺でピンチ脱出と思われた瞬間、本塁への送球が一塁側へそれ、サヨナラ負けとなった。

 21世紀枠での甲子園初出場。MAX144キロの速球と鋭いスライダーをコースに決め、立ち上がりから4連続三振を奪い、球場をどよめかせた。

 チームも三回に敵失で先制すると、九回は2死から3連打で貴重な1点を挙げた。守備陣も無失策で応え、勝利は目前だったが、盛岡大付の粘りも半端なかった。九回2死二、三塁から6番・小川に右前同点打を浴び、延長戦へ。疲れからか明らかに岩本の球威も衰えていた。

 岩本は「あと一歩でした。残念です。後半は相手のプレッシャーを感じましたが、全力でプレーはできました」と悔しさを押し殺した。川井政平監督(44)は「岩本はナイスピッチでした。ただ、後半は疲れが見られた。今後へ向けては打線が課題。ミスショットが多かった」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス