文字サイズ

横浜・及川「自分の投球できなかった」最速153キロのプロ注目左腕…4回5失点

 3回、明豊・表(左)に適時打を許す横浜・及川(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「選抜高校野球・1回戦、明豊13-5横浜」(24日、甲子園球場)

 最後の打者が見逃し三振に倒れると、一塁走者の横浜(神奈川)及川雅貴投手(3年)は数秒間、その場に立ち尽くした。三回途中に一度降板し、八回途中に右翼から再びマウンドに戻って計4回5失点。「センバツに選んでいただいて(昨夏の)リベンジしようと思ったんですけど。自分のピッチングができなかった」と肩を落とした。

 最速153キロの直球を最後まで生かせなかった。「自分の投げるべき場所に投げられなかった」と、三回には連続四球から4安打を浴びて逆転を許した。四回2死満塁の右翼守備ではライナー性の打球にダイブしたが、届かず。「イチかバチかのプレーにかけたんですけど…。流れを変えきれなかった」と走者一掃を許した。

 3度目の聖地へ向けて連投できる肩のスタミナを求めてきた。「走る体力があっても、投げる体力とは違う」と2日連続でブルペンに入るなど工夫を重ねた。すべてはトーナメントを勝ち抜くための準備。しかし課題だったフォームのばらつきを克服できず、春の夢は初戦でついえた。

 球場表示の最速は146キロながら、視察したスカウト陣のスピードガンで151キロを計測するなど実力の片りんは示した。「また一からやり直して」と前を向く及川。最後の夏こそ、甲子園で輝いてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス