文字サイズ

元阪神の智弁和歌山・中谷監督が初甲子園練習「ノックが下手なのがバレる」と笑顔

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会の甲子園練習が18日にスタートし、智弁和歌山が一番乗りで練習を行った。阪神などで活躍し、昨年の夏の大会後に監督に就任した智弁和歌山・中谷仁監督(39)は、ノックバット片手に精力的に動き、監督としては初の甲子園での指揮に向け、優勝に向けた意気込みを口にした。

 「まず初戦突破を目指して(決勝含めた)5試合やれるように、去年より上というのがチーム全体の目標です」

 この日は「30分なのでやれることが限られてるので」と、打撃練習を行わずに守備練習に時間を割いた。他校の選手らも見つめる中での練習で「思ったより見てる人がいて、ノックが下手なのがバレるなと」と笑ったが気持ち良く汗を流した。

 「最高のグラウンドだなと思いました」と、久々の甲子園の感触を楽しんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス