文字サイズ

巨人・菅野、圧巻6回2安打0封 五回まで千賀とパーフェク投「すごく刺激的」

 6回2安打無失点の好投を見せた菅野
1枚拡大

 「オープン戦、ソフトバンク3-4巨人」(14日、ヤフオクドーム)

 登板を終えた巨人・菅野の表情には充実感が漂っていた。6回を2安打無失点。六回先頭から許した2安打は、いずれも当たり損ねの内野安打だった。「思ったところにコントロールできて、満足のいく結果になった」。振り返る声色に、納得の思いが詰まっていた。

 相手先発・千賀との投手戦は、互いに五回まで1人の走者も出さない究極の展開となった。千賀を「僕の持っていないものをすべて兼ね備えている」としたエース。「負けられないなと。開幕前に、すごくいい勝負ができて良かった。すごく刺激的な試合だった」。オープン戦という舞台での中で、気持ちを高めて腕を振った。

 前回登板の8日・オリックス戦は4回6失点。この日は「自分の中で危機感を持って投げた」と結果に比重を置いた。そこに千賀との勝負という要素が加わり、自賛できるパフォーマンスにつながった。オープン戦の残り登板は1試合。「やり尽くしたと思って開幕戦を迎えられるように」。“本番仕様”で快投を演じた背番号18が、総仕上げにかかる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス