文字サイズ

センバツ出場の履正社が練習試合 元阪神・関本賢太郎氏の長男が先発マスク

 センバツ出場の履正社が8日、茨木市内の同校野球場で桜宮と練習試合を行い、17-4で勝利した。この日は正捕手で主将の野口が負傷中ということもあり、代わってスタメンマスクをかぶったのは、元阪神の関本賢太郎氏の長男・勇輔捕手(1年)だった。

 「(父には)プロ19年の経験を教えてもらったりします。(この日の出場の可能性も)昨日、家で話しました」

 小学1年から野球を始め、小学校時代は投手と遊撃手でプレー。中学時代にプレーした「西宮ボーイズ」で捕手を始めた。内野手だった父とは異なるポジションだが、中学3年時に計測した二塁送球のタイムが、1・89という強肩の持ち主。堅実な守備に定評のあった父譲りの送球が大きな武器となっている。

 この日は盗塁阻止の機会こそなかったものの、バットでは右中間二塁打を放ち6打数1安打。「野口さんに近付けるようにしていきたい」と、主将の背中から捕手としてのプレーを学ぶ日々。野口はセンバツに間に合うもようだが、順調にいけば、センバツで自身初のベンチ入りを果たす可能性は高い。父の活躍した甲子園でのプレーが実現するかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス