文字サイズ

巨人・丸 恐怖の2番打者だ 移籍後初の対外試合で3連続タイムリー

 3回、左前へ3打席連続となる適時打を放つ丸
1枚拡大

 「練習試合、巨人11-1サムスン」(16日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 巨人・丸佳浩外野手(29)が移籍後初の対外試合で猛打爆発だ。沖縄・那覇で韓国・サムスンとの練習試合に「2番・中堅」で先発出場し、3打席連続適時打。14安打11得点と躍動した重量打線をけん引した。

 新生巨人の打線が、圧倒的な破壊力を披露した。2番にどっしりと座り、移籍後初の対外試合で3安打をマークして中心的な役割を果たしたのが丸だ。「3打席ともいろんな球を見逃しながらゾーンに来た球を1球で仕留めることができた」と充実感を漂わせた。

 まずは一回無死三塁の絶好機。「積極的に振れる球を振っていこうと思った」と初球を右線に先制の適時二塁打。二回無死一、三塁で右前打、三回2死一、二塁では左前打を放ち、3打席連続適時打で3打点を挙げた。

 昨季まで2年連続MVP男を2番に据える超攻撃型オーダー。原監督は「最善策の中でということ」と多くは語らなかったが、明確な意図があった。2番打者でもバントはさせない方向だと本人に伝えた。広島時代に2番の経験もある丸は「クリーンアップにつながる重要なところ」とし、「ヒットを打ってつなげるのがベスト」と言い切った。

 新天地での対外試合初戦で大暴れし、実戦は3試合連続安打。お役御免で途中交代後も室内練習場で約20分間、黙々とマシン打撃をこなした。「より内容のある打席を増やしていければ」と丸。準備も抜かりはない。今季、巨人軍史上最強の2番打者が誕生するかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス