文字サイズ

巨人・原監督 長野の移籍は「仕方がない」FAを計算に例え「引き算は内海、長野」

 巨人の原辰徳監督が8日、千葉県勝浦市の国際武道大で特別講義を行った。前日、FAで加入した丸佳浩外野手の人的補償として、長野久義外野手が広島へ移籍することが決定。これを受け「残念です」と複雑な思いをにじませながら、「ルール上、これは仕方がない」と語った。

 FA補強と、それに伴う人的補償を足し算に例えて表現。「勝負の世界は足し算ばかりではない。足し算ばかりの人生はつまらない。今回に関して足し算は丸、炭谷。引き算は内海、長野だった」と振り返った。

 生え抜きスターの流出に、賛否の声が挙がっている。ただ、プロは結果の世界であることも確か。指揮官は2選手が入れ替わった今回のFA移籍について、「トータルで答えが出るが、出たときにどういう結果になるか。これが勝負」とまとめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス