文字サイズ

DeNA中井、初の紅白戦で適時二塁打「アピールしないといけない立場」

 「DeNA紅白戦、一軍4-2二軍」(11日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 巨人を戦力外となって新加入した中井大介内野手が、今キャンプ初の紅白戦(1軍対2軍)で1軍の「4番・一塁」でスタメン出場。第1打席に痛烈な適時二塁打を放ち、アピールに成功した。

 初回、2死二塁の場面。中川虎の初球を思い切り振り抜き、痛烈な打球を左中間に放った。「アピールしないといけない立場。真っすぐがいい投手と聞いていたので、真っすぐに振り負けないように打ちにいきました」。第2打席は三振、第3打席は強い当たりの三ゴロだった。

 今キャンプで主に守る一塁はロペス、二塁はソトとレギュラーは固まっている。ただ、巨人時代には三塁、さらに外野の経験があり、高いユーティリティー性が持ち味だ。「与えられたところでアピールしていって、必要だと思われるように」と力を込めた。

 ラミレス監督は中井の起用法として「ユーティリティーとして1軍に残って試合に出るようになれば、もし何かアクシデントがあった時に、そこのポジションに入って毎日出るということもあり得る」との考えを示した。背番号0が「スーパーサブ」として、新天地で輝きを放つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス