文字サイズ

中日ドラ1根尾 木製バットなんの!プロ入り後1本も折らず…メーカー担当者感嘆

 木製バットもなんのその!中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭=が17日、ナゴヤ球場で合同自主トレに参加。プロ入りしてから1本もバットを折っておらず、驚異的な対応力に用具メーカーの担当者も驚嘆の声を上げた。

 「この時点で何本か折れているのが普通。さすが根尾君ですね」と驚きの声を漏らしたのはゼット社の担当者。一般的に、金属バットを使っていた高校生は、芯を外されても飛距離が出ていたころのクセが抜けない。特に、上半身主導の打撃を指導されていた選手はその傾向が強い。そのため木製バットを使いこなせず、バットが折れることが多くなる。

 大阪桐蔭時代から木製バットへの適応力を高く評価されていた根尾は「完全に使いこなせている感じではないです。どのバットでも芯で捉えるというのは同じです。ヘッドの重さを使って、スイングを強くするというのが大事」。バットの特徴に合わせつつ、振り切ることを忘れない。

 ナゴヤ球場での選手会合同自主トレは17日に第1クールが終了。初日から3日間の累計入場者数は約2500人に達し、例年と比べて4倍超え。“根尾フィーバー”に「恥ずかしいプレーはできないですね」と気を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス