文字サイズ

ロッテ・涌井が12球団大トリ更改!横浜高の大先輩・松坂に倣い背番「18」に

 ロッテ・涌井秀章投手(32)が17日、今季の背番号が「16」から「18」になったことを明かした。この日、ZOZOマリンで12球団日本選手の大トリ更改に臨み、現状維持の2億円でサインした。

 「16から18に変わる。一番(の理由)は松坂さんが18をつけたからです」と説明した。尊敬する横浜高の先輩、中日・松坂の背番号が今季から「18」になる。「自分もつけたいと思った。18はチームのエース。背負うことでもっともっとそういう存在になりたいと思った」。昨年12月、球団に打診して、このほど了承された。

 18年は22試合に登板し7勝9敗、防御率3・70。今季狙うのは5年連続10度目の開幕投手だ。「競争になると思う。後輩に経験してもらいたい気持ちがあるが、自分が投げたい気持ちが強い」。昨季は好不調の波が激しく、2軍での調整も余儀なくされた。「ここ2、3年、自分の成績がよくないのでもう一度…」。背番号変更には、再びチームの軸になるという熱い思いが込められている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス