文字サイズ

楽天ドラ1辰己、超フルスイング調整 シーズン20本塁打達成を目標に掲げる

 新人合同自主トレ初日で笑顔を見せる辰己
1枚拡大

 楽天の新人合同自主トレが9日、楽天生命パークの室内練習場で始まり、ドラフト1位の辰己涼介外野手(22)=立命大=が、超フルスイング調整でシーズン20本塁打達成を目標に掲げた。

 即戦力の期待も大きいルーキーが、能力の高さを示した。ランニングやキャッチボールの後に行われたマシン打撃で、鋭いスイングから快音を連発。視察した平石監督を「走る姿、投げる姿もイメージ通り。振る力もある」とうならせた。

 辰己は「しっかり振った中で体幹も身についてくる。この時期は大振りでもいいぐらいに振っていきたい」と、春季キャンプまで超フルスイングを続けていく考えだ。そこには自身の理論がある。

 「パワーがないのにいきなり本塁打は打てないが、本塁打を打てるところから安打を打つことはできる。そこから修正していく」と辰己。「単打から本塁打まで幅広く警戒されたい。20本塁打は打ちたい」と話すドラ1ルーキーが、独特の調整でアピールを続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス