文字サイズ

ヤクルト新入団10選手が神宮球場を見学 ドラ1清水「帰ってこられるように」

神宮球場を見学し、ガッツポーズで記念撮影するヤクルト新入団選手の(前列左から)吉田、松本、清水、久保、(後列左から)中山、浜田、市川、坂本、鈴木、内山
1枚拡大

 ヤクルトの新入団10選手が6日、神宮球場などの施設を見学した。雨上がりで冷え込む天候だったが、選手は思い思いにグラウンドの感触を確かめ、最後は記念撮影。近隣にある球団公式ショップも訪れた。

 ドラフト1位の清水昇投手(国学院大)は、東都大学リーグでも神宮のマウンドが主戦場。「同じ球場でも、環境が変われば気持ちの変化もあると思う。次に来るとしたら、1軍のマウンドに立つ時。まずは神宮球場に帰って来られるようにしたい」と抱負を口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス