文字サイズ

オリックス 西武・浅村調査 得点力不足打破へ「大阪出身で打てる内野手」

西武・浅村
1枚拡大

 オリックスが今オフのFA市場の目玉である西武・浅村栄斗内野手(27)が宣言した場合に備え、調査を進めていることが4日、明らかになった。

 球団幹部の一人は「地元、大阪出身であれだけ打てる内野手ですから」と興味を示した。魅力はその打力だ。打率・310、32本塁打、127打点。勝負強く、チーム打率がリーグ5位と得点力不足に泣かされたチームの補強にこれ以上の存在はない。吉田正、ロメロに新外国人のメネセス、さらに浅村が加われば一気にリーグ屈指の破壊力を手にすることができるのだ。

 FA宣言となれば楽天、ソフトバンクなどとの争奪戦が予想されるが、一歩も引くつもりはない。宮内オーナーからは「できれば補強も考えて今年よりもずっと上を狙えるチームを作ってもらいたい」とお墨付きをもらっている。チーム最高年俸5億円の金子に減額制限を超える3億円近いダウンを提示。2位の3億5000万円の中島も退団した。球団幹部は「常識的な範囲で」と話すが、好機が訪れれば潤沢な資金をバックに獲得に乗り出す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス