文字サイズ

ソフトバンク“甲斐キャノン”発動 敵地がどよめく

9回、広島・上本が二盗を狙うもタッチアウト=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
9回、無失点に抑えタッチを交わす森(右)とソフトバンク・甲斐拓也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「日本シリーズ・第1戦、広島-ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)

 ソフトバンク・甲斐拓也捕手が、自慢の強肩を発動。敵地からどよめきが起こった。

 九回2死一塁。二盗を試みた代走・上本に対し、“甲斐キャノン”発動。低い弾道で二塁へ送球し、楽々とアウトにした。

 今季の盗塁阻止率は両リーグ断トツの・447。広島が誇る“切り札”を完璧に封じ込み、ピンチの芽をつんだ。今シリーズでは甲斐の肩と、広島の機動力の対決も見どころのひとつ。今後のシリーズにも影響を与えかねない、衝撃的なシーンとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス