文字サイズ

4球団競合の小園海斗は広島へ 緒方監督引き当てる「将来の主力」

4球団から1位指名されて広島が交渉権を獲得し、報徳学園の大角健二監督(左)と笑顔で握手を交わす小園海斗選手=25日午後、西宮市上大市5の報徳学園(撮影・吉田敦史)
報徳学園・小園の引き当てガッツポーズする広島・緒方孝市監督(右)=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・棚橋慶太)
報徳学園・小園海斗
3枚3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 報徳学園の小園海斗内野手はオリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団が競合した。

 最後に残ったくじを手にした広島・緒方監督が当たりを引いた。右手を挙げてガッツポーズの緒方監督は「オーナーから絶対に引いてこいと。ホッとした。3拍子そろった選手。将来の主力選手として期待しています」と話した。

 広島は昨年の中村奨成捕手に続いて2年連続で1位重複で当たりくじを引き当てた。

 小園はTBSによるインタビューに「ずっとドラフト1位という目標でやってきたので、それがかなったことにうれしく思います」と思いを語った。指名を受けたことには「すごくほっとしました」。4球団が競合したことにも「特に意識はしてなかったんですけど、非常にうれしく思います」と語った。

 緒方監督からの呼びかけに「その期待に応えられるように、これからの練習を頑張っていきたいと思っています」と応じた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス