文字サイズ

ソフトバンク日本シリーズ2年連続進出王手 柳田&甲斐2ラン競演 

 西武に勝利しハイタッチするソフトバンク・工藤公康監督(中央)
3枚

 「パCSファイナルS・第4戦、西武2-8ソフトバンク」(20日、メットライフドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが、1位の西武を下し、対戦成績を3勝2敗として、2年連続の日本シリーズ進出に王手を懸けた。

 序盤から主導権を握った。初回、2死から柳田が西武先発の今井から左越えに2ランを放つと、二回にも2死から西田がバント安打で出塁すると、甲斐が左中間への2ランを放ち、4点のリードを奪った。

 先発した東浜は三回に木村の左越え2ランを被弾したが、4回3安打2失点、7奪三振と踏ん張ると、工藤監督は五回から武田にスイッチ。早々と継投に入ると、中継ぎ陣が西武打線の反撃を封じ込んだ。

 七回には、打線が4四球と単打2本などでつないで一挙4点を加え、投手陣を援護。九回は6点リードにも守護神・森を送り込み、三者凡退で試合を終えた。

 一方、西武は初回に扇の要で打力もある捕手の森が、デスパイネの空振り後のバットが左手首付近に当たって負傷交代するアクシデント。先発した今井も、序盤で4失点するなど五回途中でマウンドを降りた。三回には木村の2ランで2点差に迫ったが、七回に中継ぎ陣がダメ押しとなる4失点を喫した。

 西武は日本一となった2008年以来の日本シリーズ進出へ崖っぷちに立たされた。

 21日の第5戦は、西武がウルフ、ソフトバンクは高橋礼が先発する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス