文字サイズ

巨人菅野「最高の気分です!」CS史上初のノーノーで突破!

ノーヒットノーランを達成した巨人・菅野智之=神宮球場(撮影・堀内翔)
7回、ヤクルト・山田に四球を与えて苦笑いする巨人・菅野(左)=神宮球場(撮影・堀内翔)
7回、ヤクルト・バレンティンを空振り三振に仕留めた巨人・菅野智之=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「セCSファーストS・第2戦、ヤクルト0-4巨人」(14日、神宮球場)

 巨人・菅野智之投手がプロ野球史上初となるCSでのノーヒットノーランを達成。エースの快挙で、2連勝でCSファーストSを突破した。

 九回2死、最後の打者坂口を中飛に仕留めると、マウンド上で両手を突き上げ雄たけびを上げた。試合後のインタビューでは興奮隠せず。「最高の気分。達成感はすごくあります。六回くらいから意識した。小林も今季2回目。途中から狙っていた。満足しています」と笑った。

 圧巻の投球だった。七回2死までひとりの走者も許さず。ここで山田哲に四球を与え、完全試合は逃した。だが、続くバレンティンは空振り三振に仕留め、ノーヒットノーランを継続。最後までリズムは崩れなかった。

 立ち上がりから切れ、制球ともに抜群。初回は山田哲を空振り三振に仕留めると、二回はバレンティンのタイミングを外して遊ゴロ。主軸を封じ、テンポ良くアウトを重ねた。五回はバレンティンを内角ツーシームで詰まらせ、一飛。小林と顔を見合わせ、笑みをにじませた。

 追い込まれる前に打ってくるヤクルト打線を手玉に取り、緩急を駆使。打たせて取る投球で、27個のアウトを積み重ねた。

 菅野自身、プロ入りして完全試合、ノーヒットノーランともに未経験。コントロールミスがなく、回を追うごとに球場も異様な雰囲気に包まれた。

 CSでノーヒットノーランを達成した投手も初。これまでは16年、日本ハムがCSファイナルSソフトバンク戦で大谷-谷元-マーティンの継投で1安打完封したのが最少。日本シリーズでは07年に山井、岩瀬の継投で完全試合を達成している。

 エースの快挙を打線も援護。二回は長野が自身CS初アーチとなる先制ソロ。四回にはマギーも左翼席へ一発を放ち、2-0とした。さらにこの回、亀井もスタメン起用に応える2ランを放ち、4-0とリードを広げた。エースにはこの4点で十分だった。

 巨人は17日から開幕するCSファイナルSに進出。王者・広島と激突する。CSファーストSを最高の形で突破。菅野は「僕らは挑戦者。高橋監督と少しでも長く野球できるよう、がんばっていきます」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス