文字サイズ

大阪桐蔭・船曳、3安打4打点 公式戦初本塁打の3ラン「素直にうれしかった」

 懐風館戦で左翼席へ3ランを放ち、一塁へ駆けだす大阪桐蔭・船曳
1枚拡大

 「秋季高校野球大阪大会5回戦、大阪桐蔭11-1懐風館」(8日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

 史上初センバツ3連覇&3季連続の甲子園優勝を目指す大阪桐蔭が、五回コールド勝ちで8強へ進出した。身長172センチの1年生4番・船曳烈士外野手が、公式戦初本塁打の3ランを含む3安打4打点の大活躍。春夏秋の大阪大会は42連勝で、旧チームと合わせて今年の公式戦は無敗の34連勝となった。

 “小さな4番”が勝利を決定づけた。7点リードの四回無死一、二塁。船曳が無駄のないスイングで快音を響かせると、打球は両翼100メートルの左翼フェンスを軽々と越えた。

 「素直にうれしかった。昨日(4回戦・近大付戦)打てなかった分、今日頑張ろうと思っていた」

 大柄な選手がそろう大阪桐蔭の中で、身長172センチ、75キロと小柄。それでも佐用スターズでプレーした中学時代は43本塁打を放った。日本代表などの経験はないが、パンチ力はチーム屈指。OBの日本ハム・中田翔に憧れており、持ち味を「遠くに飛ばせること」と自信を見せる。

 西谷浩一監督(49)は「体の割にはロングが出る。まだまだ(成長過程)だけど、思い切りがいい。しっかり振れるので、勉強してくれたらいいなと思う」と成長を期待して4番に据えている。

 新チームで1年生は、3番・西野力矢内野手と船曳だけがレギュラーとして起用されている。西野はすでに3本塁打。船曳は同級生に対して「すごいっす」と笑うが、「自分も負けないように頑張りたい」と力を込めた。

 前チームは、今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手、藤原恭大外野手らレギュラーは全員3年生だった。新チームは経験の少ない選手が多いが、怖いモノ知らずの勢いがある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス