文字サイズ

ドラフト候補の国学院大・清水、三回途中KOを猛省「自分の実力不足」

三回途中4失点でKOされた国学院大・清水(左)
1枚拡大

 「東都大学野球、国学院大7-5中大」(4日、神宮球場)

 今秋ドラフト候補の国学院大・清水昇投手(4年・帝京)は2回2/3を4失点で降板し、先発としての役割を果たせなかった。

 初回から捕まった。先頭を抑えた1死後から3連打を食らい、2失点。三回には連続四球や自らの暴投も絡むなど、再び2失点を喫してマウンドを降りた。「(相手に)研究されていたかな。自分の実力不足です」。エースとしてKOを猛省した。

 試合は終盤に打線が奮起し、延長十回で逆転勝ちした。「野手に感謝です」と清水。「リリーフで投げる場面があればいつでも準備して行けるように」と勝ち点獲得へ、2回戦に目を向けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス