文字サイズ

【記者の目】巨人・由伸監督、電撃辞任 配慮なき公表…あまりにも酷だった環境

 広島戦に向け飛行機に乗り込む高橋監督=羽田空港
1枚拡大

 巨人・高橋由伸監督(43)が今季限りで退任することが3日、決定した。山口寿一オーナー(61)が都内の球団事務所で取材に応じ、明らかにした。高橋監督は今季が3年契約の3年目。4年ぶりのリーグVを目指したが優勝争いに絡めず、同オーナーへ辞意を伝え、受理された。後任監督については「今日のところは言えない」としたが、理想像を「経験、実績が必要」と話し、原辰徳前監督(60)の3度目の登板が決定的となった。

  ◇  ◇

 就任後、初めて迎えた開幕戦のあいさつは、野球賭博事件の謝罪から始まった。志半ばで現役生活を終え、いきなり現場のトップに立った高橋監督。チームも世代交代の過渡期に当たる時期。指導者経験のない中で、重荷を背負い続けての3年間だった。

 山口オーナーは「監督一人の責任ではない」とし「十分なバックアップができていなかった」と言った。7月には2軍調整中のゲレーロが指揮官との面談を拒否。「ゼロ、コミュニケーション」とまで言い放った。本来、間に入るべきだった鹿取GMは、フォローすることもなかった。

 そして、CS出場の可能性が残る中という退任公表の時期。最後まで戦う現場に配慮すべきではなかったか。指揮官は常々「結果がすべて」と口にしてきた。辞任の決断は必然だったかもしれない。ただ、同オーナーが「ジャイアンツの宝」とまで称した指揮官が置かれた環境は、あまりにも酷だったと言えるだろう。(デイリースポーツ・巨人担当・野畑圭司)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス