文字サイズ

巨人後任監督は原前監督が決定的 由伸監督、今季限りで辞任「責任取りたい」

 広島への移動で搭乗口へ向かう高橋監督(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 巨人・高橋由伸監督(43)が今季限りで退任することが3日、決定した。山口寿一オーナー(61)が都内の球団事務所で取材に応じ、明らかにした。高橋監督は今季が3年契約の3年目。4年ぶりのリーグVを目指したが優勝争いに絡めず、同オーナーへ辞意を伝え、受理された。後任監督については「今日のところは言えない」としたが、理想像を「経験、実績が必要」と話し、原辰徳前監督(60)の3度目の登板が決定的となった。

 43歳の青年指揮官が、今季限りでユニホームを脱ぐこととなった。シーズン残り2試合、CS進出、日本一の可能性もある中での電撃決定。山口オーナーは「新しい体制で今月下旬のドラフト会議に臨みたいと思っているので、ギリギリのタイミング」と公表に至った理由を説明した。

 高橋監督から辞意を明かされたのは先週。電話で「直接会って話がしたい」と伝えられ、その後の対面の席で「責任を取りたい」という言葉があったという。「本人は非常に決意が固かった」と同オーナー。その場では預かり扱いとし、数日前に辞意を受諾したという。

 戦力の過渡期にバトンを渡された。就任1年目が2位、2年目が4位に終わり、4年ぶりリーグVを目指した今季。岡本、吉川尚ら若手を積極的に登用し、台頭に導いた。一方で、坂本勇ら主力の故障者が相次いだほか、救援陣がそろって離脱、不振に陥るなど誤算が続出。優勝した広島に大きく離され、一度も優勝争いに絡むことができず責任を痛感。任期満了で身を引くこととなった。

 山口オーナーは、高橋監督に対し「申し訳ない」と言葉をかけたといい、指揮官交代とともにフロントの刷新にも言及。「監督一人のせいではない。体制も今後、改めていきたい。GMも含めてですね」とし、鹿取GMの退任も避けられない状況となった。

 高橋監督に代わる新監督について具体的な言及は避けたが、理想の後任像を「難しい状況で引き受けてもらうことになる。そうするとやはり経験、実績といったところが必要かな」とした。条件に鑑みれば、在任12年でリーグ優勝7回の原前監督以外に候補者はおらず、4年ぶりの再々登板が決定的となった。

 読売新聞グループ本社の渡辺恒雄主筆とは相談を重ね、情報を共有しており「任せる」と一任されているという同オーナー。今季の全日程終了を持って、速やかに新体制に移行することになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス