文字サイズ

なぜ今?巨人・高橋監督が電撃辞任 オーナー「ぎりぎりのタイミング」

広島の宿舎に到着した高橋監督(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 巨人は3日、高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することを発表した。山口寿一オーナー(61)が都内の球団事務所で取材に応じ、「高橋監督から責任を取って辞めたいという話がありました」と、明らかにした。

 巨人に激震が走った。CS争いが佳境を迎えている状況での衝撃発表。まだ、日本一になる可能性も十分に残されているなか、山口オーナーは発表時期のタイミングについて「先週話があって、残り2試合になって、他球団の消化もだいぶ進んでいる。新しい体制で今月下旬のドラフト会議に臨みたいと思っているので、ぎりぎりのタイミングかなと思ったのでお話をしています」と説明した。

 高橋監督は今季が3年契約の3年目。就任時から「結果が全て」と話してきた。山口オーナーは「高橋本人としては、CSに出られるかとか、順位が何位になるかとかではなく、3年間リーグ優勝、優勝争いに加われなかったということを非常に重く受け止めていましたね」と、その気持ちを代弁した。

 高橋監督は2006年から2015年まで監督を務めた原辰徳氏の後任として、2016年に監督就任。1年目は71勝69敗で2位、2年目は72勝68敗で4位、今季は2日まで65勝71敗で3位となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス