文字サイズ

オリックス東明、7回2失点の力投もリード許して降板

先発し力投する東明
3枚

 「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪)

 オリックス先発の東明が7回6安打2失点。リードを許した状況での降板となった。

 5回まで1安打に抑えていた右腕。だが、六回1死二塁から大田に左翼線適時二塁打を浴びて先制点を献上。なおも続いた2死二塁から中田に左前適時打を許し2点目も失った。

 打線は一回に2死一、二塁の好機を作ったが得点ならず。五回には先頭・大城が右翼への二塁打、六回にも先頭・吉田正が左中間二塁打を放ったが、共に後続が続かず無得点に終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス