文字サイズ

東洋大・梅津また勝てず…遠い初星

 「東都大学野球、中大2-1東洋大」(27日、神宮球場)

 東洋大が中大に雪辱を許し、対戦成績を1勝1敗とした。先発した今秋ドラフト上位候補の東洋大・梅津晃大投手(4年・仙台育英)は7回1失点でリードを許したまま降板。リーグ戦初勝利はまたもかなわなかった。

 勝ち星が遠い。初回以外、すべての回で走者を背負うなど苦しい投球だった。三回には先頭への四球から2死二塁のピンチを招くと、中大・五十幡に右前打を浴びて先制点を献上。何とか7回を最少失点でしのいだが、「内容を見ると悪い」と自身を責めた。

 試合の中でも手を尽くした。四回途中にマウンド向かった杉本泰彦監督から上体が前へ突っ込んでいることを指摘されると、続く五回から走者がいなくてもセットポジションで投球。「ランナーが出た方がまとまってたし、大胆に変えることも大事かな」と勝利へ必死さを見せる。

 降板後もブルペンへ向かって投げ込んだ。「疲れはなかったので、神宮でこの雰囲気で練習しよう」。視察した中日・中田アマスカウトディレクターが「未完成だけど魅力的なピッチャー」と評価するように、潜在能力の高さは抜群。誰よりも勝ち星への執念を持つ梅津が、今度こそウイニングボールを手にしてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス