文字サイズ

中大、4年生の力で今季初勝利 伊藤優輔が力投「エースとしての力を出さないと」

 「東都大学野球、中大5-3亜大」(11日、神宮球場)

 中大が逆転で先勝した。1点ビハインドの七回に主将の吉田叡生(としき)外野手(4年・佐野日大)の2点適時打を含む4連打で一挙3得点。投げては五回途中から登板した伊藤優輔投手(4年・小山台)が好救援し、チームの今季初勝利を導いた。

 4年生の投打の柱2人が逆転勝ちを呼び込んだ。打では主将の吉田叡。七回に同点に追いつきなおも無死満塁で打席を迎えると、「(走者を)返すのが仕事」と直球を捉えた。二遊間を破る勝ち越し適時打。「勝ちにこだわりました」と胸を張った。

 2年秋後に自費で米国へ短期留学し、総合スポーツ教育施設・IMGアカデミーで栄養学やトレーニング方法を学んだ。持ち味のフルスイングにも磨きがかかり、今春には初の首位打者を獲得。「ずっと目指してきました」というプロ入りを目標に努力を怠らない。

 投ではエースが力投した。伊藤は五回2死満塁からの出番だったが、「自信を持ってマウンドへいけた」と動じず。今春に3被弾した亜大・頓宮を抑えて波に乗った。4回1/3を投げ1失点のロングリリーフ。「大胆に攻めていくことができました」と満足げな表情を浮かべた。

 母校・小山台は今夏、東東京大会で準優勝と躍進した。「帝京を倒したのはうれしかった」と刺激になった後輩の活躍。ただ、負けてはいられない。自身は今夏、結果を出せず第1週の駒大戦では登板なし。「エースとしての力を出さないと」と巻き返しを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス