文字サイズ

DeNA新人の山本祐大が未成年飲酒 今季初打席初本塁打を記録も…

DeNA・山本祐大
所属するDeNA・山本祐大捕手の飲酒問題で会見を開き謝罪するDeNA・三原一晃球団代表=甲子園(撮影・田中太一)
所属するDeNA・山本祐大捕手の飲酒問題で会見をするDeNA・三原一晃球団代表=甲子園(撮影・田中太一)
所属するDeNA・山本祐大捕手の飲酒問題で会見をするDeNA・三原一晃球団代表(左)=甲子園(撮影・田中太一)
4枚4枚

 DeNAは31日、新人の山本祐大捕手(19)が未成年にもかかわらず飲酒した事実が発覚、厳重注意と今シーズン終了までの謹慎処分を発表した。甲子園での阪神戦前に三原球団代表が明らかにした。

 三原球団代表によると、28日深夜に球団に一般の人からメールで告発があり、29、30日に山本から事情聴取した結果、飲酒を認めた。4月ころから首都圏で飲酒していたという。三原球団代表は「プロ野球選手は青少年の模範にならなければいけない存在にもかかわらず、こうした事態を招いたことに対してファンのみなさま、関係者にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」とコメントした。

 なお、謹慎処分中も練習や試合出場は認めている。

 山本は京都翔英からBCリーグ・滋賀を経て昨年度のドラフト9位でDeNAに入団。1年目で1軍昇格を果たし、8月19日・広島戦(横浜)で代打で出場。初打席初本塁打を記録した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス