文字サイズ

U18藤原「やりやすい」リードオフマンで存在感 明大エース・森下暢から左前打

 「練習試合、侍ジャパン高校代表4-4明大」(29日、都内)

 第12回U18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する侍ジャパン高校代表は29日、都内での合宿を打ち上げた。チームはこの日、明大と練習試合を行い、4-4で引き分け。試合後に羽田空港から宮崎へ出発した。

 明大との練習試合で、1番に大阪桐蔭・藤原(3年)を据える新打順を披露した。最大3点差をつけられたところから終盤に追いつき、底力を見せつけた。

 今春の近畿大会以来となるリードオフマンを任された藤原は、初回に「狙ってました」と初球を捉えて快音を響かせた。明大のエース・森下暢から左前へ運ぶクリーンヒット。「やっぱりやりやすい」と切り込み隊長の役割を歓迎した。

 ここまでやや状態が上がってきていなかった藤原。復調へ向けて「打席に立たせて打たせたい」という永田監督の考えもあり、1番に座った。本番でも強打とともに50メートル走5秒7の快足を生かす1番起用は可能性十分。アジアの強豪撃破へ、攻撃のバリエーションが一つ増えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス