文字サイズ

DeNA ラミレス監督の奇策からサヨナラ勝ち 投手のウィーランド代打起用

 広島にサヨナラ勝ちし、お立ち台でポーズをとるDeNAの藤岡(左)と倉本=横浜
延長11回、倉本にサヨナラ打を浴びた一岡(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 「DeNA7-6広島」(3日、横浜スタジアム)

 DeNAのラミレス監督の奇想天外な起用が延長十一回のサヨナラ勝利を導いた。チームの連敗は3でストップした。

 延長十一回1死。筒香が一岡から、この試合5安打目となる右前打で出塁。2死一、二塁とすると指揮官は、代打に前日2日の巨人戦に先発した投手のウィーランドを起用。ハマスタにどよめきが起こった。

 打席に入ったウィーランドは「ホームラン!」コールが注がれる中、フルカウントから冷静に一岡の投じた6球目を見極め、四球。指揮官の代打起用に見事に応えた。

 2死満塁。投手に対して四球を与えてしまったマウンド上の一岡の動揺を見逃すことなく、続く倉本は、一岡の初球を鮮やかにとらえ右前にサヨナラ打を運んだ。

 「思い切って初球からいこうと決めてました」。倉本は充実の汗をしたたらせた。

 ベンチに残ったのは、捕手の伊藤ただ一人。柔軟な発想で総力戦を制したラミレス監督だが、試合後はクールな表情を崩さず。ウィーランドの起用について「彼は広島に強いのが分かってたし、準備をしとくように言っておいた。迷うことなく送り出した」と淡々と振り返った。

 広島は3-6で迎えた土壇場の九回、DeNAの守護神山崎から3点を奪い、延長に持ち込んでいたが、最後に痛い負けを喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス