文字サイズ

広陵 伝統校対決!広島商振り切った 河端4番弾 昨夏の“雪辱”へ「やるしかない」

 「高校野球広島大会・準決勝、広陵3-1広島商」(27日、しまなみ球場)

 準決勝2試合がしまなみ球場で行われ、広陵と広島新庄が決勝に進出した。広陵は2年連続で広島商との伝統校対決を制した。4番・河端利晶内野手(3年)が七回に高校通算26号ソロを放ち、勝利に貢献。これで夏の県大会対戦成績は広陵17勝、広島商15勝となった。広島新庄はエース竹辺聖悟投手(3年)が好投するなどして広島工大高を下し、6年連続で決勝に駒を進めた。昨年と同カードの決勝は、28日に同球場で午前9時半から行われる。

 自慢のパワーを見せつけた。2-1の七回1死。広陵・河端がスライダーを完璧に捉え左中間席に突き刺した。今大会3本目の一発。「積極的に振っていき、結果につながって良かった」。4番の仕事を果たしチームを2年連続で決勝に導いた。

 二回無死。先頭で三振に倒れた。直後のベンチで中井哲之監督(56)から助言を受ける。「ゾーンを上げていけと言われました」。高めに浮いた球を一振りで仕留め、監督の言葉を結果にした。

 1年で名門の4番に座った。そのパワーは1学年上の中村奨成(現広島)を上回るという評価を得ていた。ただ、打撃技術は中村には及ばない。課題は、その力を生かすスイングを身に付けることだった。

 中村からもアドバイスをもらい、技術に磨きをかけてきた。「ドンと構えて、懐に球を呼び込んで打った方が良いと言われました。そういうイメージを持つようになって、良くなりました」。四、五回にも安打を放ち、3安打1打点。決勝戦を前に調子は上向きだ。

 2年連続で広島新庄と雌雄を決する。竹辺、桑田の二枚看板は県内屈指の好投手だ。それでも「今年も振り込んできましたからね。普通に力を出せば、負けない相手」と中井監督はナインの底力を信じて疑わなかった。

 昨夏、河端は左膝の故障でメンバー落ち。準優勝した甲子園も細菌による化膿(かのう)性炎症で左足が腫れ、高熱を伴う蜂窩(ほうか)織炎でベンチ入りメンバーから外れた。「やるしかない!」。最後の夏にかける思いは誰よりも強い。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス