文字サイズ

神宮球場の東京五輪借用7・6~9・13の70日間 札幌ドームには約3カ月提示

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会期間中に神宮球場を借用する期間が7月6日から9月13日の70日間になることが24日、分かった。ヤクルトの球団首脳が明らかにした。

 神宮球場はメインスタジアムの新国立競技場に隣接しており、大会期間中は関係者や来賓の待機場所、資材置き場として使用される予定。プロ野球公式戦が中断される大会期間中を含めて長期間使用できなくなるため、ヤクルトは主催試合の代替球場を確保する準備を進めている。東京ドームなど、首都圏の複数球場が候補地に挙がっているという。

 また、五輪のサッカー会場となる札幌ドーム(札幌市)の使用期間については、所有者である札幌市に対して大会前後の約3カ月を提示したことも分かった。札幌ドームは日本ハムの試合などに影響するため、札幌市は「短縮するよう要請する」とした。同じく五輪会場のひとめぼれスタジアム宮城など、他の五輪会場の関係自治体にも組織委は一律に「6月1日~9月11日」を目安として提示したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス