文字サイズ

ロッテ、球団売却を完全否定 山室球団社長「売却はあり得ない。交渉の席にも着かない」

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の前沢友作社長が17日、ツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手の皆さまの笑顔を増やしたい」と球団買収プランを明らかにしたことを受けて、その本命と見られるロッテの山室晋也球団社長が会見を開き、「基本的にロッテのことではない。売る意思はないし、今後も売る意思はない」と全面的に否定した。

 スタートトゥデイ社は千葉市に本社を置き、ロッテも千葉の県民球団としてファンに根付いている。

 また同社は16年に「ZOZOマリンスタジアム」の命名権を取得。毎年、計3億1千万円を千葉市とロッテに支払っている。

 これらの結びつきからロッテが売却先としてこの日までに浮上したが、山室社長は「交渉の席にも着かない。(ロッテ)ホールディングスの総意と考えていい。売却はあり得ない」と重ねて身売りの可能性を打ち消した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス