文字サイズ

審判団が誤審認める ソフトバンク中村晃の決勝2ラン「ファウルでした」

 延長10回、ファウルがリクエストで決勝2ランとなり、審判に声をかける福良監督(右端)
3枚

 「オリックス3-5ソフトバンク」(22日、ほっともっとフィールド神戸)

 一度はファウルとされた中村晃の右翼席への打球が、リクエスト要求により勝ち越し2ランとなった判定について、審判団が誤審だったと認めた。

 問題の場面は3-3の同点で迎えた延長十回2死一塁。5番手・近藤がカウント2-2から中村晃へ投じた9球目だった。右翼ポール際へのライナー性の打球はファウルの判定。ただ、すぐさま審判団が集まり、ソフトバンク側からのリクエスト要求という形でビデオ判定となった結果、本塁打判定に覆り、ソフトバンクが勝ち越す形となった。

 オリックス側から抗議受けた審判団は試合終了後、福良監督らと共に再度映像を確認。この日の責任審判だった佐々木二塁塁審は「見直して確認した結果、ファウルでしたと球団方に伝えました」と説明し謝罪した。ただ試合は成立しており、勝敗や個人成績は変更されないという。

 この日の事案は既に審判団からNPBに報告されており、今後の対応などが協議されることになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス