文字サイズ

ソフトバンク・摂津 女房役に感謝の2勝目「市川がうまくリードしてくれた」

 巨人に勝利しタッチする(奥左から)工藤監督と摂津、市川らソフトバンクナイン
1枚拡大

 「交流戦、ソフトバンク4-2巨人」(13日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・摂津正投手が、六回途中2失点の好投で2勝目を挙げた。

 「今日は調子が良かった」と振り返ったが、立ち上がりは2回までに3四球と制球に苦しんだ。「(捕手の)市川が上手くリードをしてくれた」。女房役が陽の二盗を刺す場面もあったが、摂津が特に感謝したのは粘り強い配球だった。

 「序盤は調子の良くない球もあった。悪ければ使いづらくなる。だけど、それを何度も要求してきて、投げているうちに修正できた」。失点した四回の3本以外は安打を許さず、さらに三回以降は四球も与えなかった。

 工藤監督も「気持ちがこもっていた。インサイドも怖がらずに投げていたし、相手に向かって行った」と闘志を高く評価。それでも摂津は「常に『最後』という気持ちでマウンドに臨んでいる」と、強い覚悟を忘れない姿勢を示していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス