文字サイズ

DeNA・田中浩「何とかするという強い気持ちで」貴重な中前適時打

4回DeNA1死三塁、中前に適時打を放つDeNA・田中浩康=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-DeNA」(16日、甲子園球場)

 今季2度目のスタメン起用となったDeNA・田中浩康内野手が、貴重な追加点をたたき出した。2点リードの四回2死三塁で、阪神先発・岩貞の内角球を詰まりながら中前と運ぶ適時打で、3点目を挙げた。

 「いい形で回ってきたので、何とかするという強い気持ちで打席に向かった」と田中浩。4日に1軍昇格後、これがスタメン2試合目。出場機会は少ないが、13日の巨人戦でも代打で適時打を放つなど、要所でベテランがチームに貢献する働きを見せている。

 チームはこの試合まで、開幕から阪神戦5連敗。1試合の得点も2点が最高だったが、今季の阪神戦で初めて3点目をたたき出す一打となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス