文字サイズ

カープで同僚の江夏氏 衣笠氏を悼む「本当に俺の宝物」

うつむきながら衣笠祥雄氏との思い出を語る江夏豊氏=松山空港(撮影・吉澤敬太)
 2年連続2度目の日本一を決めた江夏と喜ぶ衣笠祥雄さん(右)=1980年11月
衣笠祥雄氏との思い出を語る江夏豊氏=松山空港(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 元プロ野球広島で、“鉄人”の異名を持つ衣笠祥雄氏が23日に上行結腸がんで亡くなったことが24日、分かった。71歳だった。

 衣笠氏とは広島時代の同僚である野球解説者の江夏豊氏が、ヤクルト-阪神戦のテレビ解説のために現地入りした愛媛・松山空港で報道陣の取材に応じた。

 「今日の朝、知った。(衣笠氏の)奥さんから電話がかかってきた。一口ではなかなか言いづらいけど、言えることは、いいヤツを友人に持ったということ。本当に俺の宝物」と終始、沈痛な面持ちで故人をしのんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス