文字サイズ

立大4番・三井 3試合連続 先制弾&二塁打「自信はついてきた」

 「東京六大学野球、法大5-5立大」(22日、神宮球場)

 2回戦2試合が行われ、明大が連勝で勝ち点1を挙げた。六回に越智達矢外野手(4年・丹原)の先制ソロ本塁打で均衡を破ると、その後も攻撃の手を緩めず突き放した。立大と法大は九回規定により5-5で引き分け。立大は4番の三井健右外野手(2年・大阪桐蔭)が3試合連続の本塁打を放った。

 今季から4番に座る三井の勢いが止まらない。二回に低めのスライダーを強振し、右中間へ先制ソロ。八回には右翼へ二塁打を放ち、「自信はついてきた」と手応えをつかんでいる。「自分に求められているのは長打」という左の大砲は昨秋、慶大・岩見(現楽天)が樹立したリーグ記録の5試合連続本塁打まであと「2」と迫った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス