文字サイズ

大阪桐蔭・根尾にスカウト6球団が熱視線 「全部トップレベル」

 「選抜高校野球・3回戦、大阪桐蔭5-1明秀学園日立」(31日、甲子園球場)

 プロでも二刀流が実現するか-。史上3校目のセンバツ連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)は、今秋ドラフト1位候補の二刀流・根尾昂内野手(3年)が、甲子園で投手として初先発して9回1失点で完投。各球団スカウトが「投手・根尾」を評価した。

 阪神・畑山チーフスカウトは「あらためて運動能力がすごいと感じた。まだ(投手か内野か)決める必要はない。いろんな可能性がある」と話した。

 広島・鞘師スカウトは「投手、野手のどちらかを専門的にやっているわけではないのに、ここまでできる能力がある。先入観を持たずに(潜在能力の)全体を見ていきたい」。オリックス・谷口スカウトも「全部トップレベル。まだ伸びしろがある」と投打での成長を期待した。

 通常、春夏の甲子園では全出場校が登場後、スカウトは担当地区に戻る。だが、今秋ドラフト候補がそろう大阪桐蔭戦には異例の6球団が集まり、最後まで試合を視察した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス