文字サイズ

FA移籍の巨人・野上が6回2失点「まずまず」 開幕ローテ入りへ光る安定感

巨人先発の野上=ZOZOマリンスタジアム
1枚拡大

 「オープン戦、ロッテ-巨人」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 西武からFA移籍した巨人・野上亮磨投手が先発し、6回を6安打2失点とまずまずの仕上がりを見せた。140キロ台前半の直球に変化球を織り交ぜた。三回に集中打を浴びて2失点は許したが大崩することはなかった。

 野上は「前回は変化球でしたが、今回は真っすぐ」をテーマにして多めに投げ、「まずまずじゃないですかね」と手応えをつかんだ様子。それでも「3ボールが多かったので、次回は修正したい」と話した。外野に打たれた飛球を「東京ドームだったら分からない打球もあった」と分析し、「低めを意識して投げたい」と課題を口にした。

 オープン戦は2度目の登板で、前回9日のオリックス戦は先発して5回2失点だった。開幕ローテーション入りが濃厚な右腕が試合を作り、持ち味の安定感を披露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス