文字サイズ

中日・松坂、古巣西武を相手に3回2失点 5四死球と制球に不安

 中日・松坂
1枚拡大

 「オープン戦、中日-西武」(14日、ナゴヤドーム)

 オープン戦2度目の先発となった中日の松坂大輔投手は、古巣を相手に3回を3安打2失点。2奪三振も、5四死球と制球に不安を残した。

 初回、西武でもチームメイトだったベテランの松井を右飛に打ち取ったが、源田に右前打、続く秋山に四球を与えると、2死後に浅村の中前適時打で先制点を許した。

 二回は四球の走者を出したが無得点に抑えたものの、三回は山川、外崎に連続死球を与える乱調ぶり。結局、球数も76球を数え、この回で降板した。

 オープン戦初登板となった4日の楽天戦では、2回2安打でアマダーの2ランによる2失点に抑え、四死球はなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス